出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

92歳ソプラノ歌手、加齢と闘い舞台に 滋賀、14日コンサート

練習に励み、円熟した歌声を響かせる景山さん(大津市御幸町・奏美ホール)
練習に励み、円熟した歌声を響かせる景山さん(大津市御幸町・奏美ホール)

 大正生まれのソプラノ歌手で、大津市御幸町の音楽ホール「奏美」館長の景山木美子さん(92)が、加齢による衰えと闘いながら舞台に立ち続けている。「今ぶつかっている壁を突き抜けたい」。気力を振り絞り、7月のコンサートに向けた練習に取り組んでいる。

 景山さんは大阪市出身で、大阪音楽学校(現大阪音楽大)卒。戦後まもない時期にヨーロッパに留学し声楽を学んだ。オーケストラとの共演や受賞歴も多い。

 歌が好きで、90歳を過ぎても衰えない向上心でリサイタルを続けてきたが、上顎は入れ歯になり、以前のようにスムーズに口を動かせなくなった。足腰の筋力も弱まり、立って歌うのがつらい。「これで死ぬのか。何のために歌い続けてきたんだろう」。今年、人生で初めて無味乾燥を味わった。

 それでも、ピアノの前に立つと背筋がスッと伸びる。「アヴェマリア-」。円熟した高音の歌声が自身のホールに豊かに響く。ピアノを担当する岡本佐紀子さんは「歌えましたね」と笑いかけ、「継続は力だと身をもって教えてくれる人」と話す。景山さんも「やっぱり、もう一回勝負したい。やります」。

 コンサートは7月14日午後3時から、同市御陵町の大津市伝統芸能会館で、イタリア歌曲と日本の歌を10曲ずつ歌う。前売り3千円(当日500円増)。問い合わせは奏美077(524)2334。

【 2018年07月01日 16時30分 】

ニュース写真

  • 練習に励み、円熟した歌声を響かせる景山さん(大津市御幸町・奏美ホール)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース

      政治・社会

      成田空港でシステム障害
      搭乗手続き、欠航や遅延も

      20180918000079

       18日午前11時50分ごろ、成田空港の第2ターミナルで、搭乗手続きに関係するシステムに..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西7―4日(18日)
      多和田が15勝目

      20180918000165

       西武が5連勝した。一回に秋山の先頭打者本塁打などで2点を先行。二回に浅村の28号2ラン..... [ 記事へ ]

      経済

      和洋酒売り場拡張、京都の百貨店最大級に JR伊勢丹

      20180918000088

       ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)は11月7日、京都の百貨店で最大級となる和洋酒の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      初心者向け「ビワイチ学校」開校へ 大津のグループ企画

      20180918000091

       琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を初心者にも楽しんでもらおうと、滋賀県内の自転車愛..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

      20180918000021

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]