出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

短大生「パン研」がベーカリー 大津で9日から、県産果物パンも

7月のイベントでパンを販売する学生ら(大津市内)
7月のイベントでパンを販売する学生ら(大津市内)

 滋賀短期大(大津市)の菓子・パン研究サークル「ベーカリー塾」は9日から3日間、ベーカリーカフェを同市長等2丁目の菱屋町商店街内のレンタルスペースで開店する。県内産のブルーベリーやナシを使ったパンの販売だけでなく、幅広い世代が楽しめるよう日替わりの企画も充実させた。

 9日は、ホテルシェフと卒業生のパティシエによる「卒業生レストラン&カフェ」で、プロの料理とスイーツが楽しめる。10日は「美容・健康デー」と題し、酢を使った飲み物を提供する。11日は幼児教育保育学科の学生サークル「あそびくらぶnekko」が、キッズスペースを設け、絵本や紙芝居の読み聞かせを行う。

 連日、パンや焼き菓子は10種類程度並べる予定。午前10時~午後3時だが、売り切れ次第閉店する。

【 2018年08月08日 17時00分 】

ニュース写真

  • 7月のイベントでパンを販売する学生ら(大津市内)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース