出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

9月1日問題「夏休みに対応を」 いじめで娘亡くした母訴え

いじめの解決のため「やさしい心が一番大切」と亡くなった娘の言葉を紹介する小森さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)
いじめの解決のため「やさしい心が一番大切」と亡くなった娘の言葉を紹介する小森さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)

 大津市の若手教員を対象にしたいじめ対応研修が21日、同市本丸町の市生涯学習センターで開かれた。一人娘をいじめによる自殺で失った小森美登里さんが講演し、「教員同士、学校と家庭が連携していじめを防いでほしい」と訴えた。

 小森さんは1998年に高校入学間もない娘を亡くした。NPO法人を立ち上げ、自身の経験を踏まえ、いじめ撲滅のために活動を続けている。

 講演で、小森さんはいじめ問題は加害者側の問題として、「加害者こそ虐待を受けているなどの問題があるケースが多い。いじめる背景を探り、寄り添うことが必要」と語り掛けた。

 いじめが起こった時の学校側の初動調査の重要性に言及し、「子どもの状況を把握し、被害者側と共有することが、早期解決とその後のトラブル防止になる」と話した。始業式の日に子どもの自死が増える「9月1日問題」に触れ、「気になる子がいたら夏休みのうちに対応を」と呼び掛けた。

 研修は市教育委員会のいじめ対応研修プログラムの一環。重大事案対応を学ぶため、4~5年目の教職員ら170人が参加した。

【 2018年08月22日 09時23分 】

ニュース写真

  • いじめの解決のため「やさしい心が一番大切」と亡くなった娘の言葉を紹介する小森さん(大津市本丸町・市生涯学習センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース