出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

台風の強風、滋賀で女性転倒しけが 甲賀で風速28メートル

強風の影響で倒れ、国道をふさいだ倒木(23日午後11時15分、大津市石山1丁目の国道422号)
強風の影響で倒れ、国道をふさいだ倒木(23日午後11時15分、大津市石山1丁目の国道422号)

 台風20号の接近に伴い、滋賀県内では23日昼ごろから雨が降ったりやんだりの天気となり、強風が吹くなどした。彦根地方気象台によると、同日午後9時までに観測した最大瞬間風速は甲賀市土山で28メートル、彦根市で25・2メートル。大津市は8月では過去最大の19・8メートルを記録した。午後9時までの24時間雨量は甲賀市土山で52ミリ、同市信楽で46・5ミリとなった。

 湖北地域消防本部によると、午後7時半ごろ、長浜市の70代女性が風にあおられて転倒し、頭にけがをした。

【 2018年08月24日 00時48分 】

ニュース写真

  • 強風の影響で倒れ、国道をふさいだ倒木(23日午後11時15分、大津市石山1丁目の国道422号)
  • 激しい風雨の中、傘を差して歩く人たち(23日午後4時15分、大津市馬場1丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース