出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日本酒の日、1万人で乾杯を 滋賀「今年こそ」達成目指す

 10月1日の「日本酒の日」に合わせ、県内の酒造組合や酒販組合などが同日、「滋賀地酒10000人乾杯プロジェクト」を催す。飲食店や自宅などで午後7時半に一斉に乾杯し、滋賀の酒の魅力を発信する。4回目の開催で、初の1万人達成を目指す。

 当日は飲食店200店舗で県内の全蔵元33社の日本酒をブレンドした限定酒が提供される。フェイスブックで乾杯風景の写真を送信することで自宅や県外からも参加できる。メイン会場のびわ湖大津プリンスホテル(大津市)では午後7時から、全蔵元の地酒の飲み放題やビュッフェ料理を提供するイベント(1人5千円)も催す。

 参加者は第1回の2015年の7200人から16年は9410人に増えたが、日曜日の実施となった17年は7678人と減少。県酒造組合は「今年こそは1万人の達成を目指したい」と参加を呼び掛けている。

 イベントの予約は同ホテル077(521)5546。県酒造組合077(522)3070。

【 2018年09月25日 09時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース