出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

水の妖精とビワコオオナマズのキャラ、初めてそろって年賀状に 

「うぉーたん」や「キャッフィー」をあしらった年賀はがきをPRする郵便局員ら(大津市・県庁)
「うぉーたん」や「キャッフィー」をあしらった年賀はがきをPRする郵便局員ら(大津市・県庁)

 滋賀県のイメージキャラクター「うぉーたん」と「キャッフィー」をあしらった2019年用の年賀はがきが、県内の郵便局で販売されている。両者を描いた年賀はがきの発売は初めて。

 キャラクターはどちらも琵琶湖にちなんでおり、うぉーたんは水の妖精、キャッフィーは固有種ビワコオオナマズという設定。はがきの切手部分に「賀正」の書を持ったはかま姿のキャッフィーが、裏面は両者が手を振る姿が描かれている。

 販売価格は寄付金付きで67円。発行枚数は6万枚で、簡易郵便局を除く230局で販売し、売り切れ次第終了する。県内の郵便局では、県の観光キャンペーンにちなんだオリジナルフレーム切手「滋賀の四季彩」(1300円)も数量限定で販売中。問い合わせは大津中央郵便局077(524)2002へ。

【 2018年11月08日 13時18分 】

ニュース写真

  • 「うぉーたん」や「キャッフィー」をあしらった年賀はがきをPRする郵便局員ら(大津市・県庁)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース