出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

誰が履く?大わらじ、8年ぶり新調 滋賀・百済寺

8年ぶりに新調された百済寺の大わらじ(滋賀県東近江市百済寺町)
8年ぶりに新調された百済寺の大わらじ(滋賀県東近江市百済寺町)

 湖東三山の一つ、百済寺(滋賀県東近江市百済寺町)の仁王門に飾られた大わらじがこのほど、8年ぶりに新調された。参拝者は足をとめて、威厳の漂う風格に見入っている。

 大わらじは仁王像が履くとされ、寺のシンボルとして親しまれている。17世紀半ばごろから飾られるようになり、触れると無病長寿のご利益があるとされる。10年前後で地元住民が作り直している。

 同市百済寺本町の老人クラブ「百寿会」の約20人がわらを編んで作ったわらじは、長さ約2・5メートル、幅約1・2メートル、重さ約50キロ。同クラブ会長の山本正行さん(70)は「寺に来ていただいた方に喜んでもらえれば何より」と話している。

【 2018年11月11日 21時50分 】

ニュース写真

  • 8年ぶりに新調された百済寺の大わらじ(滋賀県東近江市百済寺町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース