出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

光り輝く折り紙の世界 琵琶湖岸の英国式庭園でライトアップ

イングリッシュガーデンに折り紙をイメージしたオブジェが飾り付けられたイルミネーション(大津市柳が崎・びわ湖大津館)
イングリッシュガーデンに折り紙をイメージしたオブジェが飾り付けられたイルミネーション(大津市柳が崎・びわ湖大津館)

 大津市柳が崎のびわ湖大津館のイングリッシュガーデン(英国式庭園)で冬のイルミネーションが行われている。和をテーマに、光り輝く折り紙の世界を表現した空間が夜の琵琶湖岸を彩っている。

 イルミネーションは2014年からの恒例イベント。成安造形大の学生たちが花や金魚、和傘など折り紙をイメージしたオブジェを手掛け、六つのエリアに配置した。クリスマスを前に来園者は幻想的な世界に浸りながら、散策を楽しんでいる。

 期間は来年2月14日まで。1月は1~3日と土、日曜日、祝日のみ点灯する。午後5時~8時半。入園料250円。問い合わせは同館077(511)4187。

【 2018年12月02日 18時56分 】

ニュース写真

  • イングリッシュガーデンに折り紙をイメージしたオブジェが飾り付けられたイルミネーション(大津市柳が崎・びわ湖大津館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース