出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

調理歴58年のシェフ、レストラン閉店へ 立ち退き問題と高齢で

「グリーブ」店内で談笑する橋本さん(大津市梅林1丁目)
「グリーブ」店内で談笑する橋本さん(大津市梅林1丁目)

 大津市の滋賀県庁前にあるレストラン「グリーブ」が28日に閉店する。男性店主は前身の店を含め58年間、昔ながらの洋食を提供してきたが、入居する建物の立ち退き問題や自身の高齢を考慮して決断した。平成の始まりに生まれた店が、時代とともに幕を下ろす。

 草津市南笠東3丁目の橋本力夫さん(82)。出身地の石川県での修業を経て、23歳で単身京都市へ。洋食レストランなどを転々とした後、1960年に火災から再建した県教育会館(大津市梅林1丁目)に開店した喫茶店「カツラ」のシェフを任された。赤字続きだったが、県庁で出前を売り込んだところ評判を呼び、固定客をつかんだ。

 1989(平成元)年に独立し、教育会館別階で始めたのが「グリーブ」。県の鳥・かいつぶりの英語名を店名にした。手作りにこだわる橋本さんが看板メニューとして考案したのが、豚のあばらを煮込んだ一皿。日替わりランチやピラフ、カツ丼も根強い人気という。

 店じまいのきっかけは、県が県有地に立つ教育会館と入居店舗に立ち退きを求めたことだった。後継候補はいたものの、交渉の長期化で引き留めが難しく、来年3月で83歳になる橋本さんの体力も踏まえた。

 事情を知った県職員や退職職員、近隣の出前先から惜しむ声が寄せられ、閉店前の駆け込み予約も入っているという。橋本さんは「長い間やらせてもらい、ようかわいがってもらった。日に日に寂しくなる」と万感の思いで最終営業日を迎える。

【 2018年12月26日 12時00分 】

ニュース写真

  • 「グリーブ」店内で談笑する橋本さん(大津市梅林1丁目)
  • 名物のポーク煮込み
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース