出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

炎に揺らぐ湖岸の春 写真映え、ヨシ「火入れ」

炎を上げて燃えるヨシの群落(滋賀県高島市新旭町)
炎を上げて燃えるヨシの群落(滋賀県高島市新旭町)

 滋賀県高島市新旭町針江のヨシ群落(約3ヘクタール)で2日、恒例の「火入れ」が行われた。琵琶湖岸に春を呼び込む炎と煙が上がった。

 芽吹きのシーズンを前に、雑草の種子や害虫を駆除し、ヨシの新芽の成長を促す。この日は淡海環境保全財団と市、地元団体の3者が、それぞれが管理するヨシ原で行った。

 市の管理区域(約1・6ヘクタール)では、市職員が、あらかじめ刈り倒しておいたヨシ原に入り、ガスバーナーで点火。枯れ野はパチパチと音を立ててながら燃え上がった。

 湖岸堤には見物する人も多く、写真愛好家たちが盛んにシャッターを切っていた。

【 2019年03月03日 10時00分 】

ニュース写真

  • 炎を上げて燃えるヨシの群落(滋賀県高島市新旭町)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース