出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ホンモロコ保護へ水産動物捕獲、今年もダメ 滋賀の3河川

ホンモロコ
ホンモロコ

 琵琶湖固有種ホンモロコの産卵を保護するため、滋賀県内水面漁場管理委員会は5日、東近江市の伊庭内湖と近江八幡市の西の湖に流れ込む3河川で4月から5月末までの間、全ての水産動物の捕獲を禁止すると発表した。産卵期の捕獲禁止は3年連続。

 対象区域は瓜生川(東近江市伊庭町)、躰光寺(たいこうじ)川(同市躰光寺町)、山本川(近江八幡市安土町)のそれぞれ一部分。期間中は現地にのぼり旗を立てるなどして周知する一方、巡回監視も予定している。違反行為には罰則がある。

 県によると、琵琶湖で水揚げされるホンモロコの半数は3河川一帯で生まれているという。近年15トン前後だった漁獲量が2017年は19トンに回復するなど規制の効果がみられるとし、今年も捕獲禁止を決めた。

【 2019年03月06日 13時58分 】

ニュース写真

  • ホンモロコ
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース