出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

とんねるず木梨さん「遊びながら作った作品見て」滋賀で個展

人のつながりをイメージして描いた作品について語る木梨さん(守山市水保町・佐川美術館)
人のつながりをイメージして描いた作品について語る木梨さん(守山市水保町・佐川美術館)

 お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さん(57)の個展「木梨憲武展 Timing―瞬間の光り―」が6日から、滋賀県守山市水保町の佐川美術館で開かれる。木梨さんを招いた報道関係者向け内覧会が5日、開かれた。

 同展は昨年7月から全国15会場を巡り、同美術館が6カ所目。木梨さんは、タレントとして活躍する一方、1994年からアーティスト活動に取り組む。

 会場には木梨さんが手掛けた絵画やオブジェ、動画など多彩な作品約150点を展示。90年代の絵画から、昨年6月にロンドンで開催した個展で披露した作品を集めた。

 人のつながりをイメージして多数の手を描いた絵画、段ボールを使った手のひらサイズのオリジナル妖精を約千体並べた作品などがある。

 木梨さんは「ぐるっと展示を見れば創作意欲が湧くと思う。遊びながら作った作品を見てもらえれば」と話していた。

 5月19日まで。休館は29日、5月6日を除く毎週月曜と、5月7日。有料。問い合わせは同美術館077(585)7800。

【 2019年04月06日 11時20分 】

ニュース写真

  • 人のつながりをイメージして描いた作品について語る木梨さん(守山市水保町・佐川美術館)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース