出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「ぷよぷよ」もeスポーツだ、全国目指せ 地方代表めぐり熱戦

「ぷよぷよeスポーツ」滋賀県代表の座を懸けて対戦する参加者+(草津市新浜町・イオンモール草津)
「ぷよぷよeスポーツ」滋賀県代表の座を懸けて対戦する参加者+(草津市新浜町・イオンモール草津)

 コンピューターゲームの腕前を競う「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」の競技の一つ、ぷよぷよeスポーツの滋賀県代表決定戦が11日、同県草津市新浜町の商業施設であった。買い物客が見守る中、参加者は真剣な表情でゲーム画面と向き合った。

  「ぷよぷよ」は、ブロックを同じ色でそろえる対戦型パズルゲーム。今年初めて開かれる同選手権で正式種目に選ばれた。各都道府県で代表決定戦が行われており、10月5、6日に茨城県で本大会が開かれる。

 この日は県内から10~40代の男女39人が参加した。予選を勝ち抜いた16人が決勝トーナメントに進み、緊張した面持ちでステージ上で対戦した。会場の大型モニターにはプレー画面が映し出され、選手が素早い手つきでコントローラーを操作しブロックをそろえると、会場からはどよめきが起こっていた。

 大会を制し県代表となった高島市安曇川町の男性(24)は、小学5年の頃にぷよぷよを始め、代表決定戦に向けて毎日1時間ほど練習を重ねてきたという。「全国優勝を目標にこれからも練習を重ねたい」と意気込みを語った

【 2019年05月12日 17時27分 】

ニュース写真

  • 「ぷよぷよeスポーツ」滋賀県代表の座を懸けて対戦する参加者+(草津市新浜町・イオンモール草津)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース