出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

漆黒の闇に光の軌跡描く 滋賀・守山でゲンジボタル見頃

川辺を飛んだり、草むらでじっとしたりしながら発光するゲンジボタル(滋賀県守山市・市民運動公園)=71秒露光
川辺を飛んだり、草むらでじっとしたりしながら発光するゲンジボタル(滋賀県守山市・市民運動公園)=71秒露光

 滋賀県守山市の川辺でゲンジボタルが飛び交い、夜の暗がりに幻想的な光を放っている。

 同市三宅町の市民運動公園内を流れる人工の「ほたる河川」では、川沿いの草むらや木の葉先からホタルが飛び、黄緑色の光を盛んに明滅させている。

 発光は求愛行動。オスがゆっくりと飛びながら、漆黒の闇に光の軌跡を描くと、訪れた親子連れやカップルが歓声を上げて喜んだ。

 公園内にある「市ほたるの森資料館」によると、ほたる河川での飛翔のピークは週明けまでの見込み。同館は9日まで午後7時から10時に夜間開館しており、ホタルの生態を学ぶことができる。

【 2019年06月06日 20時50分 】

ニュース写真

  • 川辺を飛んだり、草むらでじっとしたりしながら発光するゲンジボタル(滋賀県守山市・市民運動公園)=71秒露光
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース