出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「かわいいな」注意散漫と供述か 大津2園児死亡事故初公判

防護柵の設置など安全対策が進められている事故現場(大津市大萱6丁目)
防護柵の設置など安全対策が進められている事故現場(大津市大萱6丁目)

 大津市大萱6丁目の丁字路で5月に保育園児の列に車が突っ込み園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた女(52)の初公判が17日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれた。被告は起訴内容を認めた。

 検察側は、冒頭陳述で、被告は別の園児の集団を見かけたこともあり、事故が起こった丁字路に進入した際、園児列に気を取られた、と指摘。「かわいいな。年少くらいかな」と考え、注意が散漫になっていた、とする供述調書を証拠提出した。

 また、「乗用車が右折レーンで止まるように見えたため進路を譲ってくれると考えた」とする軽乗用車の女性の調書の内容や、衝突直前に直進の軽乗用車が時速55~57キロ、被告の乗用車が同約10キロだったことも明かした。

 起訴状によると、5月8日午前10時14分ごろ、被告は乗用車を運転中、確認を怠ったまま右折し、対向の軽乗用車を至近距離で発見、急ブレーキをかけたが衝突した。はずみで軽乗用車を、歩道上で信号待ちをしていた園児ら16人の列に突入させ、いずれも2歳の園児2人を死亡させ、園児と保育士計14人に重軽傷を負わせた、としている。

 公判には、被害者参加制度を利用するなどして、被害園児の家族や保育士ら20人以上が傍聴した。次回公判は10月8日。

【 2019年07月17日 14時50分 】

ニュース写真

  • 防護柵の設置など安全対策が進められている事故現場(大津市大萱6丁目)
京都新聞デジタル版のご案内

    滋賀のニュース