出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

お神酒「橘酒」に、タチバナの実収穫 京都・石清水八幡宮

黄金色のタチバナの実を摘み取る巫女(八幡市八幡・石清水八幡宮)
黄金色のタチバナの実を摘み取る巫女(八幡市八幡・石清水八幡宮)

 京都府八幡市八幡の石清水八幡宮で22日、正月に参拝者に授与するお神酒「橘酒」に使うタチバナの実の収穫があり、本殿前の庭の東西に植えられたタチバナの木から、黄金色の実を巫女(みこ)たちが丁寧に摘み取った。

 タチバナは同宮の社紋に用いられている。実は不老長寿の効用があるとされ、江戸時代には実を同宮から朝廷や将軍家に献上したと伝わる。正月には実を漬け込んだ橘酒が授与され、さわやかな風味が好評だという。

 この日は、巫女の2人がタチバナの木から直径3センチほどの実を、はさみを使って摘み取り、かごに入れていった。今年は西側の木に実がならなかったため、収穫は例年の半分以下の5キロほどという。

 タチバナの実は23日の新嘗祭(にいなめさい)で神前に供えた後、城陽市の城陽酒造で酒に漬け、3年間熟成させる。

【 2016年11月23日 11時09分 】

ニュース写真

  • 黄金色のタチバナの実を摘み取る巫女(八幡市八幡・石清水八幡宮)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース