出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

破魔矢にニワトリの絵馬、手際よく 滋賀・多賀大社

来年のえとにちなんだニワトリの絵柄の絵馬を破魔矢に結びつけるみこたち(多賀町多賀・多賀大社)
来年のえとにちなんだニワトリの絵柄の絵馬を破魔矢に結びつけるみこたち(多賀町多賀・多賀大社)

 初詣の参拝者らに授与する破魔矢などの準備が1日、滋賀県多賀町多賀の多賀大社で始まった。みこたちが来年のえと「酉(とり)」にちなんだ絵馬を手際よく矢に結び付けた。

 年末までにお札やお守りなど約100種類、約15万個を職員45人が交代で準備する。みこたちは白と黄の羽根や鈴が付いた破魔矢と鏑矢(かぶらや)に、ニワトリの絵が描かれた絵馬を一つ一つ結んだ。

 今年初めて作業に参加したみこの小堀美波さん(19)は「多くの方に気持ちよく参拝してもらえるよう頑張りたい」と話した。

 今年の正月三が日には41万人(同大社調べ)が訪れた。天気が良ければ来年も同程度を見込んでいる。

【 2016年12月01日 22時30分 】

ニュース写真

  • 来年のえとにちなんだニワトリの絵柄の絵馬を破魔矢に結びつけるみこたち(多賀町多賀・多賀大社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース