出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

桜の通り抜け4月11日から
造幣局、今年の花「鬱金」

桜の通り抜け4月11日から
桜の通り抜け4月11日から

 造幣局(大阪市北区)は10日、大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」を4月11~17日に開催すると発表した。昨年より3日遅い。「今年の花」に選ばれた品種は淡い黄緑色の花びらが特徴の「鬱金」。江戸時代、京都市東山区の知恩院に多く植えられていたという。

 造幣局の桜は1883年以降、太平洋戦争中と直後を除き毎年公開しており、今年で131回目。計134品種350本が南門から北門までの約560メートルに並ぶ。

 入場無料。平日は午前10時、土日は午前9時から午後9時まで開場。問い合わせはハローダイヤル050(5548)8686。

【 2017年03月10日 19時14分 】

ニュース写真

  • 桜の通り抜け4月11日から
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース