出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

春日和催しにぎやか 京都・向日神社桜まつり始まる

多くの来場者でにぎわった「桜まつり」(向日市向日町・向日神社)
多くの来場者でにぎわった「桜まつり」(向日市向日町・向日神社)

 京都府向日市向日町の向日神社で1日、春の恒例行事「桜まつり」が始まった。境内の桜はまだつぼみだったが、うららかな陽光の下、来場者たちは境内に並んだ露店やステージ発表を楽しんでいた。

 花見のシーズンに合わせて、市商工会が毎年開催している。境内や参道には、タケノコの天ぷらなどの模擬店が並び、昼食をとろうと来場者たちが列を作った。舞楽殿ではステージ発表があり、子どもたちのチアダンスや、向陽高吹奏楽部の演奏などで盛り上がった。

 実家が同神社のそばにあり、京都市右京区から一家で訪れた会社員土井准一さん(36)は「知り合いに会え、子どもも屋台に喜んでくれた。桜が満開になったら、また来たい」と話した。

 2日も午前10時半~午後5時に催す。

【 2017年04月02日 12時04分 】

ニュース写真

  • 多くの来場者でにぎわった「桜まつり」(向日市向日町・向日神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース