出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

再開方針一転、宇治川花火中止に 安全対策、調整つかず

 京都府宇治市などは26日までに、「宇治川花火大会」の今夏再開を断念する方針を固めた。8月中の打ち上げを目指してきたが、見物客の安全対策を巡る調整がつかず、4年連続の中止となる見通しとなった。

 同大会は毎年5千~7千発を打ち上げ、約20万人が訪れる夏の風物詩として親しまれてきたが、2014年に宇治川の増水で中止になって以降、福知山の露店爆発事故を受けて中止が続いている。

 昨年12月の市長選では花火再開が争点の一つとなるなど市民の関心が高いことを踏まえ、主催団体の市と市観光協会、宇治商工会議所は今年5月、打ち上げる花火の数を100発程度へと大幅に減らし、別のイベントなどに合わせて8月中に複数回実施する方針を示していた。

 関係者によると、人出の見込みや必要な交通規制などについて主催団体側と宇治署との協議が詰まりきっておらず、今夏は見送らざるを得ないと判断したという。

【 2017年07月27日 08時23分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース