出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

阿波おどり「損々」赤字4億円 30年以上累積

多くの観客が詰めかけた阿波おどり=12日、徳島市
多くの観客が詰めかけた阿波おどり=12日、徳島市

 徳島市の阿波おどりは今年も延べ123万人が訪れるにぎわいを見せたが、30年以上にわたり膨らんだ累積赤字は4億3600万円。市民からは、徳島の貴重な観光資源の赤字解消を求める声が上がっている。

 阿波おどりは毎年8月12~15日に開催され、1972年から市観光協会などが主催。市によると、昨年度は約2億7800万円が収入で、うち約1割は市と県の補助金。利息の支払いに約425万円が使われ、約870万円の赤字となっている。観光協会が金融機関から借り入れて赤字を穴埋めしているが、返済できなくなった場合は市が補償することになっている。

 観光協会によると83年度から累積赤字が続く。

【 2017年08月21日 13時17分 】

ニュース写真

  • 多くの観客が詰めかけた阿波おどり=12日、徳島市
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース