出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

時代劇俳優、京都・太秦で育て 殺陣や所作集中講義

時代劇俳優の育成を目指す「アクターズ・ラボ」。今秋から本格的に取り組むことになった(写真は2014年に試行した際の稽古)=提供
時代劇俳優の育成を目指す「アクターズ・ラボ」。今秋から本格的に取り組むことになった(写真は2014年に試行した際の稽古)=提供

 京都・太秦の撮影所で毎秋行われ、時代劇づくりのノウハウを学ぶワークショップ(WS)「京都フィルムメーカーズラボ」に、今年から新たに俳優向けのプログラムが新設される。事務局は「時代劇を演技面から支えられる人材が育つきっかけに」と期待している。

 「フィルムメーカーズラボ」は京都府と東映、松竹両撮影所(京都市右京区太秦)などでつくる実行委員会の主催。若手映像作家を対象に、短編時代劇映画を企画、製作するWSと、映画監督や内外の映画祭関係者を招いたトークセッションを催してきた。

 近年、両撮影所は、俳優養成所の新設など時代劇に対応できる俳優の育成に力を入れており、かつて試行した同ラボでも本格的に取り組むことになった。

 新設される「アクターズラボ」は、映像や舞台の世界ですでに活動している俳優が対象。10月28日から3日間、撮影所で合宿生活を送りながら、時代劇の基本的な所作や殺陣をはじめ、衣装や結髪などを体験し、時代劇に必要な演技と精神を学ぶ。

 講師は、「水戸黄門」などのテレビ時代劇を手掛けてきた井上泰治監督や元「東映剣会」の殺陣師・菅原俊夫さんら、第一線で活躍したベテランが務める。WSを統括する森脇清隆・京都文化博物館映像情報室長は「専門学校的に技術を学ぶだけでなく、撮影所のスタッフや他のプログラムに参加する映画人とも交流を深め、人脈をつくってほしい」と話している。

 募集定員は12人で、応募は京都フィルムメーカーズラボのホームページを参照。10月7日締め切り。問い合わせは松竹撮影所075(864)8602。

【 2017年08月27日 21時50分 】

ニュース写真

  • 時代劇俳優の育成を目指す「アクターズ・ラボ」。今秋から本格的に取り組むことになった(写真は2014年に試行した際の稽古)=提供
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      3人目殺害容疑で再逮捕へ
      78歳女性にも消毒液混入か

      20180818000006

       横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年9月に起きた点滴連続中毒死事件で、神..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      近江8強、金足農と対戦へ 全国高校野球

      20180817000224

       第100回全国高校野球選手権第13日は17日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦残り4試..... [ 記事へ ]

      経済

      グンゼ、ベトナムに新工場 フィルムの生産強化

      20180817000167

       グンゼは17日、プラスチックフィルムの生産を強化するため、ベトナムに新工場を建設すると..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      スロベニア次期首相にシャレツ氏
      最年少40歳、コメディアン

      20180818000002

       【ウィーン共同】スロベニアの国民議会(下院、定数90)は17日、6月の選挙で第2党とな..... [ 記事へ ]