出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

“虹色”の滋賀観光キャンペーン 来年度、7分野で展開

来年度に滋賀県が計画する大型観光キャンペーンの推進協議会の出席者ら(大津市打出浜・コラボしが21)
来年度に滋賀県が計画する大型観光キャンペーンの推進協議会の出席者ら(大津市打出浜・コラボしが21)

 滋賀県は29日、来年度に予定する大型観光キャンペーンの概要を公表した。「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」をテーマに据え、歴史や食など七つのジャンルでイベントなどを展開する。同日に推進協議会を設立し、構成団体に事業プランを募って具体的な計画をまとめる方針を示した。

 キャンペーンは、来年7月から12月に実施。20代から50代の女性をターゲットに、来年度の年間観光客5千万人、観光消費額1700億円(2015年は4794万人、1638億円)を目指すとした。「虹」は多彩な観光資源がある象徴としてテーマに採用した。

 期間中は虹をイメージしたアートや花火といった特別企画や、県内を移動しやすくする定期観光バスの運行、1日フリーパスの販売などを検討。各地域で関連イベントの開催を呼び掛けるほか、旅行社やSNS(会員制交流サイト)を通じた誘客も強化する。

 協議会は県内の市町や農林水産業、業界団体や企業関係者ら115人で構成。虹色をテーマにした写真スポットの設置や料理の提供のほか、宿泊プランやツアーなどのアイデア提供を呼び掛けた。本年度末にも実施計画案をまとめる。

 会長の三日月大造知事は「琵琶湖や地酒、ふなずし、ビワイチやトレイル、忍者や信楽焼など滋賀の資源や資産は再評価されている。多くの人に知ってもらうことで経済の活性化や移住、定住に結びつけていきたい」と結束を呼び掛けた。

【 2017年08月29日 23時00分 】

ニュース写真

  • 来年度に滋賀県が計画する大型観光キャンペーンの推進協議会の出席者ら(大津市打出浜・コラボしが21)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      辺野古移設で沖縄県民投票条例案
      県、賛否問い県議会に提出

      20180920000051

       沖縄県は20日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票条例..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア樋口ら感触確かめる
      オータム・クラシック公式練習

      20180920000050

       【オークビル(カナダ)共同】フィギュアスケートのオータム・クラシックは20日(日本時間..... [ 記事へ ]

      経済

      ローム、120種類の新マイコン 安全性能をトップクラスに

      20180920000029

       ロームは、家電や産業機器などのシステムの中枢として機能する16ビットマイコンで、安全性..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]

      国際

      「モノの自由貿易圏」受け入れを
      EU首脳夕食会で英首相

      20180920000038

       【ザルツブルク共同】メイ英首相は19日夜、オーストリア・ザルツブルクで開かれた欧州連合..... [ 記事へ ]