出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

AIが渋滞対策、京都観光快適に 国交省、今秋から実験

 国土交通省は7日、人工知能(AI)を活用して観光地の渋滞緩和策を実験する地域として、京都市と神奈川県鎌倉市を選んだ。今秋以降、最新技術を使って観光地周辺の交通量データを収集し、AIによる渋滞予測などを地域の実情に応じた対策につなげる。

 渋滞が観光地の魅力を損ね、住民の暮らしにも影響が出ているため、国交省は情報通信技術(ICT)やAIの活用による渋滞対策に取り組む地域を公募した。京都をはじめ4都市から応募があった。

 実験では、車載器で高速道路料金を自動収受でき、通信機能によって渋滞や規制情報などもドライバーに提供している「ETC2・0」や、道路周辺に設置したカメラ映像から観光地周辺の車や人の流れに関する情報を集め、AIが過去の渋滞発生状況から交通の変化を予測する仕組みを構築する。

 京都市内では外国人観光客の増加で、東山地域を中心に観光バスが集中する課題が出ており、市は実験で同地域への車の流入や散策する観光客の混雑状況のデータを集める方向で検討している。具体的には国や警察など関係機関とつくる協議会で実験内容や時期を決める。

 国交省は、観光地を通過する車に課金する「エリアプライシング」を渋滞対策の一つに挙げ、鎌倉市は2019年度に実験を予定しているが、京都市は「課金制度は中長期的な検討課題」としている。

 来年度以降は、長野県軽井沢町と神戸市でも実験の実施を検討する。

【 2017年09月07日 23時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース