出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

永徳の信長像や探幽の障壁画 京都・大徳寺、16日から特別展

大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)
大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)

 京都市北区の大徳寺で16日、安土桃山期の絵師、狩野永徳の作とされる肖像画「織田信長公像」の特別展示が始まる。豊臣秀吉が取り仕切った信長の三回忌法要のために描かせた絵で、生前の面影や雰囲気をよく伝えるという。大徳寺では初公開となる。

 肖像画は、京都国立博物館の近年の調査で永徳が描いた可能性が極めて高いと分かった。絹本著色の掛け軸で縦115センチ、横51センチ。ひげを蓄え、威厳を備えた姿も、生前の姿を知る永徳ならではの描写とされる。

 秀吉は大徳寺塔頭の総見院を信長の菩提寺とし、墓を設けた。軸木に、三回忌法要の前月にあたる天正12(1584)年5月の墨書があり、この年の制作とみられる。肖像画には、差している刀の本数を減らし、派手な衣装を地味な色にするなど改変された形跡があり、同博物館は、完成後に秀吉が描き直させたとみている。

 特別展示は16日から10月15日まで行われる大徳寺本坊特別公開の一環。方丈(国宝)では永徳の孫、探幽が手がけた障壁画(重要文化財)を公開する。法堂(はっとう)(重文)なども拝観できる。

 信長の肖像画は10月1日までの前期のみ展示。後期は秀吉やその母・大政所の肖像画が並ぶ。9月21日、10月4、8日休み。拝観料大人千円、中高生700円、小学生以下無料。問い合わせは京都春秋事務局075(231)7015。

【 2017年09月15日 17時00分 】

ニュース写真

  • 大徳寺では初公開となる「織田信長公像」(大徳寺本坊所蔵)
  • 狩野探幽筆の方丈障壁画(京都市北区・大徳寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「窃盗症」医療支援が急務 衝動的に万引繰り返す精神疾患

      20180820000060

       窃盗罪での再犯者の割合がここ約20年で増加している中、金銭的な理由ではなく、衝動的に万..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ4選手の代表認定取り消し
      ジャカルタ・アジア大会

      20180820000064

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      ロンボク島地震で2人死亡
      余震が頻発、通信網も遮断

      20180820000047

       【ジャカルタ共同】インドネシア・バリ島の東隣にあるロンボク島で19日夜、マグニチュード..... [ 記事へ ]