出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

南部風鈴と岩手の酒楽しんで 23日、叡山電鉄鞍馬駅でイベント

 岩手県名産の南部風鈴で彩られた駅のホームや電車内で同県と京都府の日本酒を楽しむイベント「悠久の酒」が23日午前11時~午後4時、京都市左京区の叡山電鉄鞍馬駅で開催される。

 叡山電鉄と旅の情報スペース「風の駅」(上京区)が主催する。東日本大震災で被害を受けた岩手県支援キャンペーンの一環として、昨年に引き続いて企画した。

 岩手県名産の南部鉄器を用いた風鈴を車内に飾った「電車バー」を駅に停車させ、日本酒などを販売する。

 震災で酒蔵に大きな被害を受けた一関市の「世嬉の一酒造」と京都市左京区の「松井酒造」が参加する。お酒に合う料理や缶詰、三陸鉄道オリジナルの三鉄サイダーなども販売する。

 入場無料。飲食物の支払いはチケット制。うちわ形の1日乗車券「悠久の風きっぷ」の購入者には会場で使える100円券をプレゼントする。

 問い合わせは叡山電鉄075(702)8111。

【 2017年09月20日 09時01分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース