出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都御苑、外国人ドローンに苦慮 無許可飛行が急増

絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)

 飛行禁止区域と知らずに外国人が観光地などで撮影のために小型無人機「ドローン」を飛ばして問題となるケースが、京都市内で相次いでいる。訪日客に法律が十分に伝わっていないのが現状で、無許可飛行が目立つ京都御苑(上京区)では、管理事務所や上京署が、英語で案内板を設置するなど対応に追われている。

 上京署によると、御苑内で確認された無許可飛行は昨年は1件だったが、今年は10件に急増した。特定できた操縦者のうち7人は外国人で、同署は20日までに航空法違反容疑で、カナダ人の女性(24)を書類送検した。近く、スペイン人ら4人も同容疑で書類送検する方針。

 特定できた外国人操縦者はいずれも「飛行禁止とは知らなかった」と説明したという。御苑には、皇族が滞在する京都御所や外国の要人らを受け入れる京都迎賓館がある。無許可飛行の増加を受け、上京署はテロ対策の面からも、日本語と英語、中国語の3カ国語でドローンの使用禁止を呼び掛けるチラシを作製し、区内の宿泊施設などに配った。御苑の管理事務所は、絵文字や英語で飛行禁止を伝える看板を設置し、8月から英語による園内放送で注意を呼び掛けている。

 改正航空法では、京都市中心部の大半は、飛行が禁止された人口密集地にあたる。清水寺(東山区)は、英語や中国語の看板などで飛行禁止を訴えているが、年に3、4件は無許可飛行が確認されるという。担当者は「多くは外国人。境内の外から飛ばされるケースもあり、対応には限界がある」と話す。

 ドローンの規制を担当する国土交通省航空局は、訪日外国人向けのホームページやポスターで、国内の利用禁止区域について周知徹底を図っているといい、「地元自治体などと連携し、適正な利用を呼び掛けたい」としている。

【 2017年09月21日 09時27分 】

ニュース写真

  • 絵文字や英語でドローンの飛行禁止を伝える案内板(京都市上京区・京都御苑)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      警察官を拾得物詐取容疑で逮捕へ
      大阪府警

      20180920000097

       大阪府警は20日、拾得物として警察署に保管されていた現金数十万円をだまし取った疑いが強..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボクシング元王者田口が現役続行
      「全てを懸けたい」

      20180920000108

       5月に世界ボクシング協会(WBA)国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級統一王座か..... [ 記事へ ]

      経済

      ガソリン、153円70銭
      灯油も値上がり続く

      20180920000099

       経済産業省資源エネルギー庁が20日発表した18日時点のレギュラーガソリン1リットル当た..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      もんじゅ警報、燃料取り出し中断
      環境に影響なし

      20180920000117

       日本原子力研究開発機構は20日、廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で燃..... [ 記事へ ]

      国際

      南北首脳、白頭山を訪問へ
      北朝鮮の「革命の聖地」

      20180920000023

       【ソウル共同】北朝鮮を訪問中の韓国の文在寅大統領は20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員..... [ 記事へ ]