出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・保津川下り、外貨両替OK 訪日客増に対応

保津川下りの乗船場に設置された外貨両替機(亀岡市保津町)
保津川下りの乗船場に設置された外貨両替機(亀岡市保津町)

 観光客に人気の保津川下りの乗船場(京都府亀岡市保津町)に、外貨を日本円に替える自動両替機が導入された。増加している外国人客に対応するためで、乗船料支払いが便利になることで一層の集客拡大が期待されている。

 京都市内の観光地をはじめ各地で外貨両替機の運営保守を手掛けるアクトプロ(東京都)が1台を設置した。米ドルやユーロ、人民元など12種類の外国紙幣を当日の為替レートで日本円に両替できる。画面表示の言語も日本語、英語、中国語、韓国語から選べる。

 保津川遊船企業組合によると、乗船代金はクレジットカード決済に対応しておらず、これまで日本円を持参していない外国人客は少し離れたJR亀岡駅内の現金自動預払機(ATM)などまで案内する必要があったという。

 自然の中で体験できる保津川下りは、近年増える訪日客に人気で、今年8月までの外国人客は全体の2割強の3万1821人に上り、過去最多だった昨年1年間の4万4981人を上回る勢いという。

 同組合営業統括理事の豊田覚司さん(41)は「両替機の導入で保津川下りに来る外国人の8割に対応できるようになった。スムーズに川下りを楽しんでほしい」と話している。

【 2017年09月22日 10時52分 】

ニュース写真

  • 保津川下りの乗船場に設置された外貨両替機(亀岡市保津町)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース