出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

粟田神社「大燈呂」復活10年 2メートル巨大提灯、住民制作

復活10年を記念して作られた提灯の文字を黒く塗り、仕上げる住民ら(京都市東山区)
復活10年を記念して作られた提灯の文字を黒く塗り、仕上げる住民ら(京都市東山区)

 粟田神社(京都市東山区)の秋の大祭を彩る大型の灯籠「大燈呂(だいとうろう)」が180年ぶりに復活して、今年で10年を迎える。節目を記念して来月の大祭では、地元住民も参加して作った高さ約2メートルの提灯が先頭を飾る。

 室町時代の日記にも登場する大燈呂は、見物人が殺到して事故が起きたため約180年前に途絶えたとされ、2008年の大祭で復活した。

 京都造形芸術大(左京区)の学生が協力し、最初の年は5基を作って大祭の夜渡り神事で巡行した。その後、大燈呂の数は少しずつ増え、現在は地域の伝承などを基に作られた10基が地域を練り歩いている。

 復活10年を迎える今年は、蹴上の義経地蔵にちなんだ灯籠や、来年の干支(えと)の犬をかたどった灯籠などとともに、「粟田大燈呂十周年記念」と書かれた高さ約2メートルの提灯と、子どもの提灯行列が加わる。

 大型提灯は、京都造形芸術大の構内で形を作った後、元白川小(東山区)に持ち込み、今月14日に住民ら約20人が「粟田大燈呂」の文字に墨を入れて完成させた。

 粟田大燈呂実行委員会の前田嘉右衞門会長は「復活当初はどこまで続くか心配だったが、あっという間の10年だった。実行委のメンバーも増え、今後はいっそう盛り上げていきたい」と話している。

 今年の粟田神社の大祭は10月8日夜に夜渡り神事があり、前日の7日の「出御祭(おいでまつり)」の際には参道に火をともした大燈呂が並ぶ。

【 2017年09月26日 09時03分 】

ニュース写真

  • 復活10年を記念して作られた提灯の文字を黒く塗り、仕上げる住民ら(京都市東山区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      辺野古移設で沖縄県民投票条例案
      県、賛否問い県議会に提出

      20180920000051

       沖縄県は20日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票条例..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア樋口ら感触確かめる
      オータム・クラシック公式練習

      20180920000050

       【オークビル(カナダ)共同】フィギュアスケートのオータム・クラシックは20日(日本時間..... [ 記事へ ]

      経済

      ローム、120種類の新マイコン 安全性能をトップクラスに

      20180920000029

       ロームは、家電や産業機器などのシステムの中枢として機能する16ビットマイコンで、安全性..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      トラクター自動運転で耕運 滋賀でデモ、後継者難打開に期待

      20180919000153

       近畿農政局は、無人自動運転で耕運作業などを行うトラクターのデモンストレーションを19日..... [ 記事へ ]

      国際

      「モノの自由貿易圏」受け入れを
      EU首脳夕食会で英首相

      20180920000038

       【ザルツブルク共同】メイ英首相は19日夜、オーストリア・ザルツブルクで開かれた欧州連合..... [ 記事へ ]