出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

旧海軍駆逐艦の砲身、若者ら引き揚げ 京都・舞鶴で展示目指す

引き揚げられた駆逐艦「菊月」の主砲の砲身(舞鶴市余部下・ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所)
引き揚げられた駆逐艦「菊月」の主砲の砲身(舞鶴市余部下・ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所)

 第2次世界大戦中に南太平洋で沈んだ旧海軍の駆逐艦「菊月」の砲身が現地で引き揚げられ、建造の地の舞鶴市で修理が行われている。引き揚げを企画した府内外の若者たちは、市内での展示を希望している。

 広島県呉市の大和ミュージアム(市海事歴史科学館)などによると、菊月は1926年に舞鶴海軍工廠(こうしょう)で建造。佐世保鎮守府(長崎県佐世保市)に所属し、42年にソロモン諸島沖で米軍の攻撃を受け、放棄された。現在も海上から船体を確認できる。

 中心になったのは、金属器具・道具店従業員佐瀬賢太郎さん(20)=千葉県山武市。祖父が特攻隊員だったことから旧海軍の艦艇に関心があり、菊月の存在を知って2015年に現地を訪問。「一部でも日本で保存したい」と考え、16年に一般社団法人「菊月保存会」を設立し、本格的に活動を始めた。

 メンバーは会員制交流サイト(SNS)などを通して集まった京都や大阪、愛知などの10~60代の大学生や会社員ら約20人。活動資金はインターネットを使ったクラウドファンディングで募った。メンバーで舞鶴市出身の花園大4年安田航太さん(22)=京都市中京区=は「ブログで知って興味を持った。地元の人間として何かしたいと思った」と語る。

 現地に渡航を重ねて政府や地主らから許可を得て、6月に長さ5・6メートル、重さ3トンの主砲の第4砲身をクレーンなどで引き揚げ、輸送船と車で9月に舞鶴市に運搬。舞鶴海軍工廠が前身の造船会社で、さびの除去や塗装をしている。

 佐瀬さんは「最初は『引き揚げなんてできないだろう』という批判があったが、多くの支援があり、菊月の故郷に帰すことができた。戦争を伝える資料として活用してほしい」と話す。

【 2017年09月28日 11時42分 】

ニュース写真

  • 引き揚げられた駆逐艦「菊月」の主砲の砲身(舞鶴市余部下・ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      違法投稿の浜松市議辞職
      アダルト動画で小遣い稼ぎ

      20180817000101

       浜松市議会事務局の契約するインターネット回線などを使い、アダルト動画を含む動画の違法投..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      池江選手と挑む東京の金 五輪2大会出場、競泳三木コーチ

      20180817000096

       競泳男子個人メドレーでシドニー、アテネの2大会連続で五輪に出場した大津市出身の三木二郎..... [ 記事へ ]

      経済

      米中協議、22日から2日間
      米紙、摩擦解消は不透明

      20180817000016

       【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は16日、米国と中国の事務レ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      すかいらーく、プラストロー廃止
      2020年までに

      20180817000097

       すかいらーくホールディングスは17日、海外を含むグループ全店で使用しているプラスチック..... [ 記事へ ]

      国際

      韓国で大統領側近の逮捕状審査
      世論操作共謀疑い

      20180817000055

       【ソウル共同】韓国与党「共に民主党」の元党員の男がインターネット上で世論操作をしたとさ..... [ 記事へ ]