出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

祇園祭との縁、210年ぶりに亀岡祭「武内山」見送幕を新調 

寄贈された中国・清代の錦織で新調された「武内山」の見送幕(亀岡市紺屋町)
寄贈された中国・清代の錦織で新調された「武内山」の見送幕(亀岡市紺屋町)

 京都府丹波の祇園祭ともいわれる亀岡祭の山鉾の一つ「武内山」の見送幕が210年ぶりに新調された。伝来品の傷みを心配した祇園祭山鉾連合会顧問の吉田孝次郎さん(80)が中国・清の時代の錦織を寄贈し、新たな幕に仕立てた。関係者は「祇園祭が縁をつないでくれた。山鉾に飾られた姿が楽しみ」としている。

 亀岡祭は室町時代に始まり、一時は廃れたが江戸時代に再興した。懸装品で飾られた山鉾11基が本祭の今月25日に亀岡市中心部を巡行する。

 武内山の見送幕は、17世紀末の中国・明の時代に作られたものを1807年に住民が購入したと伝わる。珍しい品だが2世紀余り使い続けてきたため傷みが著しく、修復は困難とされていた。

 吉田さんは亀岡祭の懸装品に関心を持ち、30年ほど前から調査している。かねて武内山の見送幕の行く末を気に掛け、80歳になるのを機に昨秋、所有していた歴史的な錦織の寄贈を申し出た。

 紺地に昇り龍の図柄が精緻に織られており、吉田さんは約40年前に京都市内の古物店で見つけて購入した。18世紀末から19世紀ごろ中国で織られ、官服として使われていたものという。

 錦織は龍村美術織物(京都市中京区)で一部補修し、縦259センチ横182センチの幕に仕立てた。武内山の鷲見智史代表(43)は「元の幕と同じ朱に紺色が映え、大変立派で美しい。寄贈はとてもありがたい」と喜ぶ。吉田さんは「祭りのにぎわいに生かせてもらえて、喜びを感じている」と話している。

 山鉾は23日に各町で建てられ、25日午前10時から巡行する。

【 2017年10月14日 09時51分 】

ニュース写真

  • 寄贈された中国・清代の錦織で新調された「武内山」の見送幕(亀岡市紺屋町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      聖火リレー、非公開でルート審議 滋賀県「中身言えない」

      20180925000184

       2020年東京五輪の聖火リレーで滋賀県内を通るルート案を協議する県実行委員会が25日に..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      中4―7ヤ(25日)
      ヤクルトが逆転勝ち

      20180925000220

       ヤクルトが逆転勝ちで3連勝を飾った。2―4の九回1死二、三塁から大引と坂口の適時打で追..... [ 記事へ ]

      経済

      日本、自動車関税の凍結主張
      米は貿易赤字削減要求、閣僚級

      20180925000165

       【ニューヨーク共同】日米両政府は米ニューヨークで25日朝(日本時間25日夜)、茂木敏充..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]

      国際

      日本酒、「極上の甘口」が最高賞
      中国で品評会

      20180925000183

       【北京共同】中国の一般消費者が試飲で好みの日本酒を選んだ品評会の授賞式が25日、北京で..... [ 記事へ ]