出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

時代祭中止、天候理由は初 前回は昭和天皇の病気で

昨年の時代祭神幸列(京都市左京区・平安神宮前)
昨年の時代祭神幸列(京都市左京区・平安神宮前)

 22日実施予定の京都三大祭りの一つ、時代祭を主催する平安講社(京都市左京区)は20日、時代祭を中止すると発表した。台風21号の接近による安全確保が理由。23日に順延もしない。中止は29年ぶり。過去に10回あるが、天候を理由に中止するのは1895(明治28)年の第1回以降初めて。

 平安講社と平安神宮、時代祭協賛会、京都市、市観光協会の5者が20日午後3時から協議し、参列者や観覧者の安全を考慮し中止を決定した。神職や関係者のみで行う祭典は22日午前9時から実施する。

 時代祭は、京都に都が置かれた各時代の装束を身に着けた約2千人の時代行列で知られる。通常は22日が降雨の場合、23日に順延して実施している。

 過去10回の中止は、明治天皇死去(1912年)、関東大震災(23年)、日中戦争(37年)、太平洋戦争の影響による44~49年。直近では88年に昭和天皇の病気を理由に中止された。

 平安講社の朴木(ほおのき)純一理事長(77)は「誠に残念至極。多大なご迷惑をお掛けすることになるが、苦渋の決断をせざるを得なかった。来年は盛大に行いたい」と話した。

 時代祭の中止を受け、市観光協会は、有料観覧席の払い戻しを行う。チケットを購入した各旅行会社の窓口や、店内端末で発券したコンビニエンスストアなどで24日から手続きできる。

 市観光協会が発行したチケットのみ、21日から京都駅ビル内京都総合観光案内所(下京区)と河原町三条観光情報コーナー(中京区)で受け付ける。詳細は市観光協会ホームページで告知している。市観光協会075(213)1717。

【 2017年10月20日 23時22分 】

ニュース写真

  • 昨年の時代祭神幸列(京都市左京区・平安神宮前)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      福知山露店爆発、第三者委設置を否定 実行委が会見

      20180815000175

       京都府福知山市の花火大会露店爆発事故から5年を迎えた15日、地元商工会議所や市などでつ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]