出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

オタク文化と信楽焼のコラボ ロボや戦艦、滋賀・甲賀で作品展

谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)
谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)

 信楽焼の若手作家らが陶器と「オタク文化」を組み合わせ、ロボットや戦艦、戦車など自分たちの好きなものを表現したユニークな作品展「ファンタスティックフェスティバル」が20日、滋賀県甲賀市信楽町長野の窯元「壺(つぼ)八」(大器の器)で始まった。

 同窯元取締役の奥田大器さん(36)が、個人作家の谷陶択さん(30)と一緒に、今年2月に幕張メッセ(千葉県)で開かれたフィギュアなどの展示販売会に陶器ロボット(高さ約15センチ)を出品。好評だったため、ミリタリー(軍事)ものや爬虫(はちゅう)類が好きなほかの2人の作家らに声をかけて初めて企画した。

 ロボットは石膏(こう)型で胴体や手足などのパーツを作り、組み合わせて焼いた。谷さんは「人が乗って操縦する戦闘ロボットをイメージした。2本足で立たせるのが技術的に難しく支えを作るなど工夫した」と話す。

 大砲やレーダーも実物通りに再現した戦艦大和(全長2メートル40センチ)のほか、旧ドイツ軍と旧ソ連軍の戦車(同60センチと同40センチ)、ペットのトカゲやカメ用に作ったシェルター(家)など約50点が並ぶ。

 奥田さんは「今後も信楽焼の枠にはまらない表現を探り、見せていきたい」と意気込む。22日まで。午前9時~午後5時半(22日は午後4時まで)。壺八0748(82)0186。

【 2017年10月21日 10時10分 】

ニュース写真

  • 谷さんが制作した陶器ロボット(甲賀市信楽町長野)
  • 全長2メートル40センチの陶器で制作した戦艦大和
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「俳句甲子園」が開幕、松山
      「思いを言葉に」

      20180818000048

       高校生が5人一組で俳句の出来栄えや鑑賞力を競い、日本一を決める第21回「俳句甲子園」の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大阪桐蔭11―2浦和学院
      大阪桐蔭が大勝

      20180818000055

       大阪桐蔭が後半に突き放して大勝した。3―2の六回1死満塁から青地、中川、藤原の3連続長..... [ 記事へ ]

      経済

      米格付け大手がトルコ格下げ
      通貨リラ安で、市場混乱も

      20180818000016

       【ロンドン共同】米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、トルコの外貨建て長..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      司法省職員も機密権剥奪へ
      トランプ大統領「早急に」

      20180818000012

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、司法省の現役職員ブルース・オー氏から政府機..... [ 記事へ ]