出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

小劇場、次の伝統芸能へ挑戦 京都のウラ側で

狭い土蔵を舞台に、全身全霊で踊る今さん。京都から舞踏の魅力を発信する(京都市中京区・KYOTO舞踏館)
狭い土蔵を舞台に、全身全霊で踊る今さん。京都から舞踏の魅力を発信する(京都市中京区・KYOTO舞踏館)

 暗闇に、白塗りの顔と淡い衣装が浮かび上がった。大地を踏みしめるように力強く、体全身をくねらせて妖艶に、舞い踊る。昨年7月に開館した日本初の舞踏専用劇場「KYOTO舞踏館」(京都市中京区衣棚通三条上ル)。幕末の戦火に耐えた土蔵で、客席は最大9席という狭さ。息づかいが響き、演者が間近に迫る。

 近所の住民さえ気づかずに通り過ぎそうな小さな劇場は、世界から注目を集める。来場者の約8割は外国人で、50カ国を超える人々が訪れた。平日週2回の上演はほぼ満席。海外メディアの取材依頼が相次ぐ。

 演じられるのは1950年代末に日本で生まれた前衛舞踊だ。京都では80年代に人気を集めた「白虎社」(94年解散)が、拠点を構えた。舞踏館で舞台に立つ今貂子(いまてんこ)さんも白虎社出身。自身が主宰する舞踏カンパニー倚羅座(きらざ)の稽古場(南区)は、かつて約20人の仲間と共同生活を送った白虎社の拠点だ。仲間の意志を引き継ぐのはもちろん、歌舞伎発祥の地と伝えられるなど芸能の歴史が深い京都で仕事をしたいと活動してきた。

 白虎社の最初の支援者が西陣の織物関係者だったという。「新しい芸能を大事にしてくれる土壌が京都にはあった。演じる側も鍛えられる。京都は前衛と伝統の文化がせめぎあっているまち」と今さんは語る。

 舞踏館をプロデュースした小原啓渡(けいと)さんは、各劇場が自主制作し、見る人が観劇したい演目を選べるよう、三条通をブロードウェーのような劇場群にする計画を描く。通り沿いの伝統的なビルの小劇場で上演中のセリフのない舞台劇は、ロングラン6年目に突入した。兵庫県出身の小原さんは「京都では足を引っ張られることはなく、かといって協力もない。好きにやんなはれという雰囲気だった」と当初を振り返る。

 京都は大学のまちを背景に、若手が実験的な作品を上演できる場として、多くの小劇場が存在感を発揮、80年代には多様な学生劇団も人気を集めた。近年は著名な小劇場の閉鎖が相次いだが、新たに演劇関係者らが南区に施設整備を計画する。

 南座やロームシアター京都など大規模な劇場がある一方、なぜ前衛的な小劇場文化が根付くのか。小原さんは「(能や歌舞伎など)京都で残ってきた古い伝統文化には、エネルギーと本質がある。だからこそ多くの人が京都に集まり、本質をつかんで次なる伝統を生みだそうとする。挑戦できるまちだ」と話す。

   ◇

 古い社寺が立ち並び、華やかな祭りや伝統芸能などが肌で感じられる歴史文化都市として、国内外から注目を集める京都。格調高く、みやびな文化にあふれている一方で、庶民の営みには京都ならではの姿がある。都の華は表舞台。それに対するウラの側、普段は目立たない存在に目を向けると、別の顔が見えてきた。

【 2017年10月23日 16時40分 】

ニュース写真

  • 狭い土蔵を舞台に、全身全霊で踊る今さん。京都から舞踏の魅力を発信する(京都市中京区・KYOTO舞踏館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      人生ゲーム、初の全国大会
      発売50周年記念、115人参加

      20180922000111

       日本一の強運は誰だ―。タカラトミーは22日、人気商品「人生ゲーム」の発売50周年を記念..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア紀平、シニア初戦でV
      オンドレイ・ネペラ杯

      20180923000011

       フィギュアスケートの国際大会のオンドレイ・ネペラ杯は22日、スロバキアのブラチスラバで..... [ 記事へ ]

      経済

      鴨川沿い「鮒鶴」でチョコイベント 「夏のなごり」テーマに

      20180922000086

       洋菓子製造販売のマールブランシュを運営するロマンライフ(京都市山科区)は25日午後5時..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      政府、遺伝子治療の実用化推進
      研究支援や規制緩和で

      20180922000109

       政府は22日までに、欧米でがんや難病の新しい治療薬として承認される例が相次いでいる遺伝..... [ 記事へ ]

      国際

      告発女性、議会証言に同意
      最高裁判事の性的暴力疑惑

      20180923000014

       【ワシントン共同】米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏から性的暴力を受けた..... [ 記事へ ]