出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パン屋巡り、写仏…京都の朝歩き紹介 女性グループが本出版

朝の京都の魅力を紹介する本を出版した「ことり会」のメンバーたち
朝の京都の魅力を紹介する本を出版した「ことり会」のメンバーたち

 京都御苑でのヨガや、パン屋巡りなど、早朝から楽しめる体験をテーマに京都のスポットを紹介する「京都、朝あるき」を京都市の女性3人グループ「ことり会」が出版した。「観光客も住民も、出勤前や早朝に静かな京都を楽しめる」と朝の京都の魅力を語る。

 同会はフリーペーパー「ことり会だより」の発行などで、おしゃれに京都や寺社の魅力を発信してきた。本の出版は初めて。これまでの取材で「観光でにぎやかになる時間帯より前の京都は思いのほか静かだと気づいた」のがきっかけだったという。

 京菓子店による和菓子作り体験教室や、大覚寺(右京区)の写仏、大原(左京区)の朝市など、早朝から午前10時ごろまでに楽しめるスポットを、四季別に紹介している。両足院(東山区)の座禅体験では、「鳥の声や、木々の香りに五感をフル活用」など、現地で味わった魅力や情報を盛り込んだ。

 体験して見つけた魅力を凝縮しようと、写真を1枚も使わずに、食事や風景、体験などをメンバーの辻ヒロミさん(36)のイラスト約100枚で紹介している。

 扶桑社刊。A5判、128ページ。1512円。

【 2017年10月27日 11時16分 】

ニュース写真

  • 朝の京都の魅力を紹介する本を出版した「ことり会」のメンバーたち
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース