出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

クレヨンの動物画、色使い絶妙 京都、障害者施設利用者が作品展

微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)

 京都市伏見区の障害者施設「京都市ふしみ学園」利用者が描いた絵の展示が30日、東山区轆轤(ろくろ)町のギャラリー「まっつぁら」で始まった。作者の筆遣いを感じる6点を紹介している。

 同学園では、利用者の描いたクレヨン画や色鉛筆画を広く知ってもらうため複製画を作るプロジェクトを進めている。今回は、大型の複製画よりも日常生活で使いやすい名刺への活用を提案しようと、原画を展示した。

 パンダやシロクマ、ペンギンを描いた動物画シリーズはクレヨンで描かれていて、重ね塗りによる色の表現が絶妙。ふしみ学園で企画広報を担当する植村美樹さん(49)は「何かを語りかけてくるような動物のまなざしに引きつけられる」と話す。

 色鉛筆で力強く描いた静物画などもあり、植村さんは「名刺を広げることで、作品そのものの魅力をより多くの人に知ってもらえれば。それがさらに多くの複製画を作る機会につながってほしい」と話している。

 展示は来月5日まで。名刺の問い合わせはふしみ学園075(603)1288。

【 2017年10月31日 09時45分 】

ニュース写真

  • 微妙な色遣いや動物のまなざしに引きつけられる「市ふしみ学園」利用者の原画展(京都市東山区・まっつぁら)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      「俳句甲子園」が開幕、松山
      「思いを言葉に」

      20180818000048

       高校生が5人一組で俳句の出来栄えや鑑賞力を競い、日本一を決める第21回「俳句甲子園」の..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大阪桐蔭11―2浦和学院
      大阪桐蔭が大勝

      20180818000055

       大阪桐蔭が後半に突き放して大勝した。3―2の六回1死満塁から青地、中川、藤原の3連続長..... [ 記事へ ]

      経済

      米格付け大手がトルコ格下げ
      通貨リラ安で、市場混乱も

      20180818000016

       【ロンドン共同】米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは17日、トルコの外貨建て長..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      司法省職員も機密権剥奪へ
      トランプ大統領「早急に」

      20180818000012

       【ワシントン共同】トランプ米大統領は17日、司法省の現役職員ブルース・オー氏から政府機..... [ 記事へ ]