出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「お茶猫」と一緒に歴史散歩楽しんで 京都・木津川で「音楽祭」

「お茶猫音楽祭」の公演に向け、練習に熱が入る出演者ら(木津川市山城町)
「お茶猫音楽祭」の公演に向け、練習に熱が入る出演者ら(木津川市山城町)

 上狛茶問屋街で知られる木津川市山城町上狛の茶にまつわる歴史を紹介する舞台パフォーマンス「お茶猫音楽祭」が11月3日午後3時から、同市加茂町の恭仁小で行われる。音楽と芝居で、地域の歴史を描き出す。

 同市加茂町の瓶原(みかのはら)地区で同日開かれる「お茶の京都博」のエリアイベント「へうげもの茶宴」の演目。市民らでつくる「木津川お茶猫プロジェクト」が企画し、関西を中心に活躍する劇団員らが出演する。

 みんなを幸せにする幻の茶を求めて旅に出たパイロットが、お茶猫たちが住む世界に墜落してしまったという物語。茶とコーヒーの関わりといった話も織り交ぜながら、国内有数の茶の集散地だった上狛の茶業の歴史をたどる。

 千円(小学生500円)。問い合わせはプロジェクト代表の比田さん080(4642)1731。

【 2017年10月31日 11時20分 】

ニュース写真

  • 「お茶猫音楽祭」の公演に向け、練習に熱が入る出演者ら(木津川市山城町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース