出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

観音様の足裏のぞこう 京都・三室戸寺で3日から特別拝観

衣の裾から足の裏がのぞく観世音菩薩坐像(宇治市莵道・三室戸寺)
衣の裾から足の裏がのぞく観世音菩薩坐像(宇治市莵道・三室戸寺)

 三室戸寺(京都府宇治市莵道)の重要文化財「観世音菩薩(ぼさつ)坐像」の特別拝観が、3日から始まる。正座した足の裏まで見られ、足の指まで丁寧に彫られた姿を拝むことができる。

 像はヒノキの寄せ木造りで、高さ約1.2メートル。平安後期の作とされる。通常は毎月17日に正面を向いた姿で公開しているが、毎年、紅葉の時季に合わせて後ろ向きの姿で公開している。伊丹光恭住職(74)は「小さくかわいらしい足の裏から、観音様に対する親しみを感じてほしい」と話している。

 26日までの土、日、祝日。拝観は午前9、10、11時と午後1、2、3時から各15分程度。入山料(大人500円)と別に、宝物館への入館料(大人300円)が必要。

【 2017年11月01日 08時59分 】

ニュース写真

  • 衣の裾から足の裏がのぞく観世音菩薩坐像(宇治市莵道・三室戸寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース