出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

まちづくりの悩み解決! 京都のセンター、登録呼びかけ

市民サポーターの河合さん(左から2人目)からアドバイスを受けるグローカル人材開発センターのメンバーたち(京都市下京区)
市民サポーターの河合さん(左から2人目)からアドバイスを受けるグローカル人材開発センターのメンバーたち(京都市下京区)

 きょうとNPOセンター(京都市下京区)が、まちづくり活動に取り組む市民団体の悩みや課題を解決するため、その分野に詳しい市民サポーターを派遣し、アドバイスする事業が始まっている。内容は組織運営や会計労務、ウェブの使い方と多様。センターは「これまでの仕事で培った経験や知識を生かしてほしい」と、サポーター登録を呼び掛けている。

 市から委託を受けて昨年度から始まった事業。まちづくりの取り組みを募る市の「まちづくり・お宝バンク」事業に登録した市民団体からの依頼を受け、依頼内容に合わせて市民サポーターを無料で計3回派遣する。サポーターは現在約90人が登録。昨年度は8団体に派遣、会計報告書の作成や規約づくり、事業計画の立案などの相談に応じた。本年度は就業規則の作成や団体リーフレットのデザイン、広報活動の見直しなど現段階で約20団体への派遣予定という。

 7~9月には認定NPO法人の取得を目指し、寄付や人材の集め方を知りたいと「グローカル人材開発センター」(下京区)の依頼で、NPOの組織づくりや資金調達に詳しいコンサルタントの河合将生さん(43)が派遣された。河合さんは「NPOは予算が限られているため、どうしても組織作りが後回しになりがち。活動も組織基盤もできるように支援をしたい」と意義を語る。グローカル人材開発センターの肥後祐亮さん(30)は「自分たちが気づくように問いかけてくれたので考え方が整理できた。次の一歩を踏み出す具体策も見えてきた」と話す。

 NPOセンターの近藤忠裕さん(61)は、「特別な資格や専門がなくても例えば一般企業で働き、組織運営などさまざまなスキルを身に付けている人たちにも登録してほしい」と呼び掛ける。問い合わせは同センター075(744)0944へ。

【 2017年11月03日 15時40分 】

ニュース写真

  • 市民サポーターの河合さん(左から2人目)からアドバイスを受けるグローカル人材開発センターのメンバーたち(京都市下京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      国民・立民、京都滋賀で本格始動 3分裂、結集に距離感

      20180820000083

       京都と滋賀で、国民民主党と立憲民主党がそれぞれ地方組織や体制を固め、来年の統一地方選や..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾の蔡総統、NASAを見学
      米政府厚遇に中国反発も

      20180820000082

       【台北共同】外遊中の台湾の蔡英文総統は、経由地の米南部テキサス州でNASAジョンソン宇..... [ 記事へ ]