出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

児童の手作りみこし、住民も楽しみ 11日、滋賀で巡行

「水戸まつり」で巡行する児童手作りのみこし(湖南市水戸町・水戸小)
「水戸まつり」で巡行する児童手作りのみこし(湖南市水戸町・水戸小)

 滋賀県内最大の工業団地「湖南工業団地」内にあり、1977年の創立から40年になる水戸小(湖南市水戸町)で、創立当初から続く「水戸まつり」が11日に開かれる。地域に祭りがないため、学校主催で始まった市内唯一の「まつり」。全校児童の5分の1を占める外国籍の子どもも一緒に手作りみこしで地域を巡行し、住民も楽しみにしている。

 水戸まつりは、学区が新興宅地に限られるため「地域への愛着を感じてほしい」と同小や住民らで始めた。みこしは赤、白、黄、青、緑、オレンジの6基あり、高さ約2メートル、重さ約100キロ。開校時から使っている木枠に、毎年児童がテーマを考えて絵を描いたり、飾りを付けたりしてこしらえる。

 今年の赤色みこしはハロウィーンのカボチャにナイフが刺さった絵を描いた。班長の6年與那覇流海さん(12)は「ホラーみこしのテーマが伝わるよう工夫した」と話す。

 同小によると、30年ほど前から外国人労働者の子どもが通うようになり、現在は全校児童382人のうち外国籍は過去最多の72人。「保護者もフェスティバル的なものと分かって楽しんでくれる」(平島俊彦校長)という。

 みこしは11日午後2時半ごろから、班ごとに同小を出発。高学年の児童が担ぎ、低学年の子がひもを引っ張り、約1・3キロを練り歩く。同日は午前中に学習発表会を開き、住民によるバザーやカフェもある。

【 2017年11月09日 12時06分 】

ニュース写真

  • 「水戸まつり」で巡行する児童手作りのみこし(湖南市水戸町・水戸小)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      01年以来の4強ならず 近江、2点スクイズ逆転サヨナラ

      20180818000162

       第100回全国高校野球選手権第14日は18日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝4試合..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]

      国際

      トルコ大統領、米陰謀示唆
      リラ急落は「クーデター」

      20180818000173

       【アンカラ共同】トルコのエルドアン大統領は18日の演説で、米国との対立を背景とした通貨..... [ 記事へ ]