出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

幻想、夜に浮かぶ紅葉と素屋根 清水寺ライトアップ

ライトアップで、幻想的に浮かび上がった修復工事中の本堂(10日午後7時20分、京都市東山区・清水寺)
ライトアップで、幻想的に浮かび上がった修復工事中の本堂(10日午後7時20分、京都市東山区・清水寺)

 京都市東山区の清水寺は10日夜、夜間特別拝観を前にライトアップの試験点灯を実施した。色づき始めた約千本のモミジや堂宇が夜に浮かび上がるように照らされた。

 同寺が春と秋に実施している恒例の特別拝観で、境内一帯がライトで照らされる。

 「清水の舞台」で知られる国宝の本堂は、半世紀ぶりの本格的な修復工事中のため素屋根ですっぽりと覆われているが、ライトに照らされて檜皮(ひわだ)が剝がされた屋根が透けて見える。一方で、修復の終わった奥の院や釈迦(しゃか)堂、三重塔は色鮮やかに照らされていた。

 夜間特別拝観は11日から12月3日まで。午後5時半に点灯し、午後9時に受け付けを終了する。拝観料が必要。

【 2017年11月10日 21時15分 】

ニュース写真

  • ライトアップで、幻想的に浮かび上がった修復工事中の本堂(10日午後7時20分、京都市東山区・清水寺)

関連動画      

京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース