出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

浮かぶ紅葉しっとりと 大津・日吉大社でライトアップ 

照明で浮かび上がる紅葉を楽しむ参拝者たち(11日午後5時半、大津市坂本5丁目・日吉大社)
照明で浮かび上がる紅葉を楽しむ参拝者たち(11日午後5時半、大津市坂本5丁目・日吉大社)

 約3千本のもみじが境内にある日吉大社(大津市坂本5丁目)で11日、紅葉のライトアップが始まった。降り出した雨でしっとりぬれた葉が柔らかな光で浮かび、観光客たちが風情を楽しんでいた。

 ライトアップ大津推進協議会の事業の一環で、26日までの期間中、西教寺や滋賀院門跡など、坂本地域一帯が約400基の明かりで照らされる。

 同大社の山王鳥居前では、表参道の脇に植えられたもみじが色づき、見頃近くに。傘を差して石段を上がる参拝者たちが足を止め、スマートフォンのカメラを向けていた。

 午後5時~8時半のライトアップ中は拝観無料。

【 2017年11月11日 22時19分 】

ニュース写真

  • 照明で浮かび上がる紅葉を楽しむ参拝者たち(11日午後5時半、大津市坂本5丁目・日吉大社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース