出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「憤怒」じゃない不動明王も 京都・東寺で親しみやすい仏画展

長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)
長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)

 仏教をテーマに親しみやすい仏画を描く画家、観瀾斎(かんらんさい)さん(71)=兵庫県丹波市=の作品展が、京都市南区の東寺境内の食堂(じきどう)で開催されている。丸みをおびた顔をした観音菩薩(ぼさつ)や、柔和な表情の不動明王など、約200点が参拝者の目を楽しませている。

 福知山市出身。漫画家になることを夢見て、東京でメジャーデビューを目指した。ただ、幼い頃に父を亡くし、兄も病気がちで一時中断。「神仏の存在を確かめたい」と、3年間、働きながら未明に滝行を毎日続ける中で仏縁を感じ、仏画を中心に作家活動を続けることにした。

 その後、空海(弘法大師)ゆかりの金剛峯寺(和歌山県)と善通寺(香川県)で3回ずつ個展を開催。東寺では、今回で12回目の開催となる。

 会場には、100体の観音を描いた長さ28メートルにもなる「百観音」や、東日本大震災の復興を祈って制作した木版画の「阿吽(あうん)の双龍(そうりゅう)」のほか、憤怒の表情で知られる不動明王が優しい顔をしていたり、目がぱっちりと開いた観音菩薩などの絵が並ぶ。観瀾斎さんは「神々しいのではなく、親しみやすいお顔を描いた。東寺には世界から参拝者が訪れる。仏教の慈愛の心を世界に発信したい」と話す。12月24日まで。入場無料。

【 2017年11月13日 09時16分 】

ニュース写真

  • 長さ28メートルの大作「百観音」などを描いた観瀾斎さん(京都市南区・東寺食堂)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      鹿児島・奄美で伝統の豊年踊り
      コミカルに稲作を表現

      20180924000132

       鹿児島県・奄美大島の瀬戸内町油井集落で24日、稲作の過程をコミカルに表現し、神に恵みを..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大が龍大完封、勝ち点2に伸ばす 関西六大学野球

      20180924000119

       関西六大学野球は24日、わかさスタジアム京都で「産龍戦」など3回戦2試合が行われ、京産..... [ 記事へ ]

      経済

      料理やライブ、駅前ホコテンで楽しんで 大津で催し

      20180924000120

       JR大津駅前の中央大通りを歩行者天国にしたイベント「オープンモール2018」が24日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]

      国際

      米司法副長官が辞意か
      大統領解任画策報道受け

      20180925000002

       【ワシントン共同】米主要メディアは24日、トランプ大統領の解任を画策したと報じられたロ..... [ 記事へ ]