出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

深まる秋、色づく紅葉しっとりと 京都・東福寺

小雨の降る中、通天橋から一面に広がる紅葉を楽しむ観光客たち(18日午前9時58分、京都市東山区・東福寺)
小雨の降る中、通天橋から一面に広がる紅葉を楽しむ観光客たち(18日午前9時58分、京都市東山区・東福寺)

 紅葉シーズンのピークを迎えた18日、京都市内は朝から雨が降るぐずついた空模様となった。それでも各地の観光名所では、深まる秋色を求めて多くの行楽客でにぎわった。

 東山区の東福寺では、八分に色づいた約2千本のモミジが、雨にしっとりとぬれ鮮やかさを増した。午前8時半の拝観受付を待ち約200人以上が列をつくった。境内の渓谷にかかる通天橋をゆっくり進み、眼下に広がる赤や黄色に染まった紅葉を楽しんだ。川崎市から夫婦で訪れた前田卓也さん(66)と恵子さん(70)は「見事な風景。小雨の紅葉も良かった」と笑顔をみせた。

 同寺はこの週末、1日当たり3万5千人前後の参拝者を予想、見頃は来週末まで続くとみている。

 京都地方気象台によると、18日朝の最低気温は平年より1.2度高い8.5度と寒さが緩んだが、19日以降冬型の気圧配置となり、冷え込む見込みという。

【 2017年11月18日 23時19分 】

ニュース写真

  • 小雨の降る中、通天橋から一面に広がる紅葉を楽しむ観光客たち(18日午前9時58分、京都市東山区・東福寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース