出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

古墳の端を確認、推定全長3m伸びる 京都・京丹後

網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)
網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)

 京都府京丹後市教育委員会はこのほど、国史跡で日本海側最大の前方後円墳「網野銚子山古墳」(同市網野町)の発掘調査で、前方部の端(墳端)の可能性が高い場所を確認した、と発表した。これまで墳端とされていた場所より3メートル外側にあり、推定全長は従来の198メートルから201メートルになるという。25日に現地説明会を開く。

 前方部とくびれ部の計5カ所で調査を実施。そのうち前方部の1カ所で、長さ8~30センチの石5個が一列に並ぶように置かれているのを発見した。それらの石は墳丘の端に敷かれる「基底石」の可能性があるといい、昨年度調査で確定した後円部の墳端の位置から測ると、全長は201メートルと推定されるという。

 同古墳は古墳時代前期(4世紀末~5世紀前半)に築かれたとされ、被葬者は日本海側で交易などに携わった有力者と考えられている。これまで全長は1986年作製の地形測量図を基に198メートルと推定されていた。

 市教委は発掘調査を2019年度まで行い、20年度に古墳公園を整備する予定。文化財保護課は「古墳の正確な規模が分かってきた。成果を整備事業に生かしたい」としている。説明会は25日午後1時半に網野町の「ら・ぽーと」に集合。現地まで送迎車を運行する。同課0772(69)0640。

【 2017年11月25日 10時51分 】

ニュース写真

  • 網野銚子山古墳の前方部の端とみられる発掘現場。基底石の可能性がある石が見つかった(京丹後市網野町網野)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      鹿児島・奄美で伝統の豊年踊り
      コミカルに稲作を表現

      20180924000132

       鹿児島県・奄美大島の瀬戸内町油井集落で24日、稲作の過程をコミカルに表現し、神に恵みを..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      京産大が龍大完封、勝ち点2に伸ばす 関西六大学野球

      20180924000119

       関西六大学野球は24日、わかさスタジアム京都で「産龍戦」など3回戦2試合が行われ、京産..... [ 記事へ ]

      経済

      料理やライブ、駅前ホコテンで楽しんで 大津で催し

      20180924000120

       JR大津駅前の中央大通りを歩行者天国にしたイベント「オープンモール2018」が24日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      日本最古、学生寮の暮らしは? 退去期限迫る京大吉田寮

      20180924000059

       現存する国内最古の学生寮とされる京都大吉田寮(京都市左京区)の先行きが不透明になってい..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      ネパール家屋の耐震技術開発へ
      金網で手軽に補強、防科研など

      20180924000072

       防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と千葉大のチームが、2015年のネパール大地震で多..... [ 記事へ ]

      国際

      米司法副長官が辞意か
      大統領解任画策報道受け

      20180925000002

       【ワシントン共同】米主要メディアは24日、トランプ大統領の解任を画策したと報じられたロ..... [ 記事へ ]