出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「牧野と松之助、京都映画の礎」 中島貞夫監督が講演

草創期の京都映画について語る中島監督(京都市北区・立命館大アート・リサーチセンター)
草創期の京都映画について語る中島監督(京都市北区・立命館大アート・リサーチセンター)

 「映画の日」の1日、映画草創期に京都を中心に活躍し、「日本映画の父」と称される牧野省三とスター俳優の尾上松之助をしのぶ講演・上映会が京都市北区の立命館大アート・リサーチセンターであった。映画監督の中島貞夫氏(83)が記念講演し、「2人がいたからこそ京都の映画が発展した」と語った。

 講演・上映会は、日本でシネマトグラフが試写されてから120年の節目を記念し、同センターなどが立ち上げた「尾上松之助プロジェクト」の一環で企画した。

 NPO法人京都映画倶楽部理事長を務める中島監督は「草創期の京都映画をしのんで」と題して講演した。牧野の生い立ちや映画の撮影手法を紹介し、「牧野はリアリズムを大切にし、チャンバラでもリアルを追求した。普通の歌舞伎俳優では対応できず、理想の役者がいないかと思っていたところに松之助と出会った」と説明した。その後、表現の手法を広げた牧野とあらゆる役を引き受ける松之助が距離を置くようになったと述べ、「スターを中心に撮影する映画と監督中心で撮る映画の作り方はいつも歴史を繰り返している。この大きな二つの流れをこの2人が作った」と解説した。

 講演後は牧野が監督、松之助が主演を務めた明治時代の映画「忠臣蔵」(1910~12年)が上映され、松之助の遺品や資料も展示された。

【 2017年12月06日 19時10分 】

ニュース写真

  • 草創期の京都映画について語る中島監督(京都市北区・立命館大アート・リサーチセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      国民・立民、京都滋賀で本格始動 3分裂、結集に距離感

      20180820000083

       京都と滋賀で、国民民主党と立憲民主党がそれぞれ地方組織や体制を固め、来年の統一地方選や..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ア大会、池江が2種目で首位通過
      第3日、200個メは萩野ト

      20180820000077

       ジャカルタ・アジア大会第3日(20日)競泳は予選を行い、女子で池江璃花子(ルネサンス)..... [ 記事へ ]

      経済

      抗がん剤、成果に手応え バイオベンチャー、攻めの投資

      20180820000058

       人類はがんを克服できるのではないか-。 皮膚がんの一種、悪性黒色腫(メラノーマ)治療の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「不登校は不幸じゃない」 全国一斉イベント、経験者ら語る

      20180820000018

       「不登校は不幸じゃない」と題した全国一斉イベントが19日あり、滋賀県内でも趣旨に賛同し..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      京大管理の無人島に不法上陸やごみ投棄
      和歌山、生態系壊す恐

      20180820000052

       和歌山県白浜町の無人島「畠島」にレジャー目的で無断上陸する人が相次いでいる。畠島は海洋..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾の蔡総統、NASAを見学
      米政府厚遇に中国反発も

      20180820000082

       【台北共同】外遊中の台湾の蔡英文総統は、経由地の米南部テキサス州でNASAジョンソン宇..... [ 記事へ ]