出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

阿弥陀如来坐像、黄金の輝き戻る 滋賀・守山の福林寺

約1年2カ月をかけて修復された「阿弥陀如来坐像」(守山市木浜町・福林寺)
約1年2カ月をかけて修復された「阿弥陀如来坐像」(守山市木浜町・福林寺)

 滋賀県守山市木浜町の福林寺に伝わり、戦国時代の焼き打ちを逃れたという「阿弥陀(あみだ)如来坐像」の修復がこのほど終わり、約1年2カ月ぶりに寺に戻った。金色に輝く平安後期の姿がよみがえり、一般公開している。

 仏像は高さ約1メートルの木像。平安時代を代表する仏師・定朝の彫刻様式で、浅く柔らかく彫られた特徴を持つ。市によると、同寺は最澄が開いたとされ、本堂には平安期の「木造十一面観音立像」(重要文化財)が残る。

 寺の伝承では、1571(元亀2)年の織田信長による比叡山延暦寺の焼き打ちの際に福林寺も被害を受けたが、坐像は損壊を免れたとされる。江戸時代の補修以降、大がかりな修理はなく、金箔(きんぱく)がはがれるなど損傷が激しかった。

 昨年10月に高木慈惠住職(69)が「2018年の先代(父膽裕(たんゆう)さん)の50回忌までに本来の仏像に戻したい」と米原市の仏師中川大幹さん(66)に修理を依頼。強度を補うため樹脂を注入し、表面に金箔を張り直した。

 高木住職は「修復後は目を疑うほどきれいになった。温和な顔を見て、安らかな気持ちになってほしい」と話す。問い合わせは同寺077(585)1205。

【 2017年12月19日 14時20分 】

ニュース写真

  • 約1年2カ月をかけて修復された「阿弥陀如来坐像」(守山市木浜町・福林寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      安倍首相、トランプ氏と夕食会
      NY到着、貿易議論も

      20180924000005

       【ニューヨーク共同】安倍晋三首相は23日午後(日本時間24日午前)、国連総会出席のため..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      フィギュア紀平「いいスタート」
      シニア初戦V、16歳笑顔の

      20180924000042

       フィギュアスケート女子で、シニアデビュー戦のオンドレイ・ネペラ杯(ブラチスラバ=スロバ..... [ 記事へ ]

      経済

      イラン供給減の対策見送り
      産油国、6月増産合意確認

      20180924000003

       【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国は、協調減産の状況を点..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      築100年吉田寮、どう活用? 京大でシンポ

      20180923000113

       築100年を超す京都大吉田寮の老朽化対策や学生寮以外の活用法について考えるシンポジウム..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      モルディブで政権交代
      大統領選、中国依存脱却へ

      20180924000008

       【マレ共同】インド洋の島国モルディブで23日行われた大統領選は開票が進み、選挙管理委員..... [ 記事へ ]