出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

愛らしい「戌」置物作り大詰め 京都・亀岡

迎春用に一体ずつ手作りされる「戌」の置物(亀岡市千歳町・丹の国工芸)
迎春用に一体ずつ手作りされる「戌」の置物(亀岡市千歳町・丹の国工芸)

 迎春に向け、来年のえと「戌(いぬ)」の愛らしい置物作りが、京都府亀岡市千歳町の袋物メーカー「丹の国工芸」で大詰めを迎えている。従業員たちは忙しく手を動かしつつ心を込めて仕上げている。

 置物は、綿入りの布製で縦横10センチ余り。白地にめでたい赤をあしらった犬や、薄茶色の毛並みの犬を模しており、みな優しい顔立ちをしている。

 年末の追い込み時期となり、ミシンの音が響く作業場内では、従業員11人が裁断機で型抜きした生地を次々に縫い合わせ、手際よく綿を詰めていく。

 今年は約1万5千個のえと飾りを手掛け、京都市内の薫香店でお香を入れて販売されたり、東京の百貨店向けに卸したりしている。

 日置俊勝代表は「手にした人が健やかな新年を迎えてくれればうれしい」と話している。

【 2017年12月21日 11時10分 】

ニュース写真

  • 迎春用に一体ずつ手作りされる「戌」の置物(亀岡市千歳町・丹の国工芸)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      福知山露店爆発、第三者委設置を否定 実行委が会見

      20180815000175

       京都府福知山市の花火大会露店爆発事故から5年を迎えた15日、地元商工会議所や市などでつ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]