出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

戌年に朗報、愛犬の祈祷復活 イヌ伝承残る滋賀の神社

新たに製作したイヌの絵が入った絵馬を手にする城貝さん(多賀町富之尾・大瀧神社)
新たに製作したイヌの絵が入った絵馬を手にする城貝さん(多賀町富之尾・大瀧神社)

 イヌにまつわる伝承が残る大瀧神社(滋賀県多賀町富之尾)がイヌ対象の祈祷(きとう)を来年1月から復活させる。イヌの絵をあしらった絵馬も新しく作った。神社関係者は「2018年の戌年を機に、イヌの力を借りて地域を活性化したい」と意気込む。

 同神社内の犬上神社に祭られている稲依別王命(いなよりわけおうのみこと)は大蛇に襲われた際、愛犬の「小石丸」に命を救われたとの伝承が残る。神社の近くには稲依別王命が小石丸を祭ったとされる祠(ほこら)があるほか、毎年11月にはイヌの舌の形をした餅を供える神事が執り行われるなどイヌとの関わりが深い。

 1921年の新聞記事には多くの参拝者が愛犬と参拝して一緒に祈祷を受ける様子が記されており、神社は人を呼び込もうと祈祷を再び行うことを決めた。町観光協会や町などとともにPRにも取り組む。

 祈祷は、毎月の戌の日のうち1日行い、1月は6日に催行。犬上神社の祠で参拝者と愛犬の健康や長寿を祈願する。

 飼い主と愛犬が一緒に上りやすくするため、本殿に続く階段を緩やかに改修したほか、伝承を紹介する看板を新調した。神社には常駐する宮司がいないことから、参拝者案内などに対応するため、正月三が日や、祈祷日以外に月に1日、氏子が境内にいるようにするという。

 氏子総代会長の城貝忠信さん(74)は「ペットを愛する気持ちは昔も今も変わらない。この神社が絆を深める場所になれば」と話す。

【 2017年12月31日 12時18分 】

ニュース写真

  • 新たに製作したイヌの絵が入った絵馬を手にする城貝さん(多賀町富之尾・大瀧神社)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      福知山露店爆発、第三者委設置を否定 実行委が会見

      20180815000175

       京都府福知山市の花火大会露店爆発事故から5年を迎えた15日、地元商工会議所や市などでつ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バスケ女子の南北合同チーム白星
      アジア大会、インドネシア戦

      20180815000179

       【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会の3競技で結成される北朝鮮と韓国の南北合同チー..... [ 記事へ ]

      経済

      丹後ちりめんにロゴ 織工組など、創業300年前に

      20180815000146

       丹後織物工業組合や京都府、府北部の市町でつくる「丹後ちりめん創業300年事業実行委員会..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「藩校」記憶求めて 京都・舞鶴、9月に府内初のサミット

      20180815000202

       江戸時代に各地の藩が藩士の子弟教育のために設立した「藩校」。そのゆかりの地で開かれてき..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      環境省、放射性物質の汚染土紛失
      11年に宅配後保管

      20180814000090

       環境省は14日、東京電力福島第1原発事故後の2011年11月に宅配便で送付され、省内で..... [ 記事へ ]

      国際

      イタリアの橋崩落、死者39人に
      運輸相「管理会社に問題」

      20180815000156

       【ジェノバ共同】イタリア北部ジェノバで高速道路の高架橋が崩落し多数の死傷者が出た事故で..... [ 記事へ ]