出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

幻の清酒444年ぶり復活 滋賀、信長焼き討ちで途絶える

鏡開きで百済寺樽の完成を祝う復活プロジェクトのオーナーたち(東近江市池田町・喜多酒造)
鏡開きで百済寺樽の完成を祝う復活プロジェクトのオーナーたち(東近江市池田町・喜多酒造)

 滋賀県東近江市百済寺(ひゃくさいじ)町の百済寺で中世まで造られていた幻の銘酒「百済寺樽(たる)」が444年ぶりに復活し、20日に地元の喜多酒造で蔵出しが行われた。復活プロジェクトのメンバーが原酒を試飲し、ロマンに浸った。

 百済寺樽は近江の清酒の発祥だが、1573年に寺が織田信長に焼かれたことで酒造りも途絶えた。地域おこし協力隊員の比嘉彩夏さん(30)が昨春、「多くの人に来てもらうきっかけに」とプロジェクトを企画。活動に協力する20~70代のオーナー18人と酒米「玉栄」を1万2千平方メートルで育て、稲刈りもした。

 この日は、仕込み作業を担った同市池田町の喜多酒造を11人が訪れて酒蔵を見学、鏡開きをして祝杯をあげた。喜多良道社長(64)によると、やわらかく香りのある特別純米酒に仕上がったといい、メンバーたちは「飲みやすく余韻も味わえる」と笑顔を見せた。

 比嘉さんは「うまいの一言。食事に合いそうだし、長く愛されるお酒になってほしい」と期待を膨らませた。

 一升瓶換算で1600本を商品化し、2月初旬から県内の地酒専門店や同市妹町の道の駅「あいとうマーガレットステーション」で売り出す。四合瓶1250円、一升瓶2500円。

【 2018年01月21日 10時36分 】

ニュース写真

  • 鏡開きで百済寺樽の完成を祝う復活プロジェクトのオーナーたち(東近江市池田町・喜多酒造)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      成田空港でシステム障害
      搭乗手続き、欠航や遅延も

      20180918000079

       18日午前11時50分ごろ、成田空港の第2ターミナルで、搭乗手続きに関係するシステムに..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      西7―4日(18日)
      多和田が15勝目

      20180918000165

       西武が5連勝した。一回に秋山の先頭打者本塁打などで2点を先行。二回に浅村の28号2ラン..... [ 記事へ ]

      経済

      和洋酒売り場拡張、京都の百貨店最大級に JR伊勢丹

      20180918000088

       ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)は11月7日、京都の百貨店で最大級となる和洋酒の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      ゴーン三菱自会長「多様性は力に」 京都で学生らと対話集会

      20180918000021

       三菱自動車のカルロス・ゴーン会長と学生らによる対話集会が17日、京都市上京区の同志社大..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      追い込み漁で今季初捕獲、和歌山
      ハナゴンドウ4頭

      20180918000121

       和歌山県太地町で18日、町漁業協同組合の船団が、1日に解禁された小型鯨類の追い込み漁を..... [ 記事へ ]

      国際

      仏内相、19年にも辞任意向
      マクロン政権失速の印象強まる

      20180918000132

       【パリ共同】フランスのマクロン政権の有力閣僚コロン内相(71)は、南部リヨン市長への復..... [ 記事へ ]